スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝バナナダイエットの真実

朝バナナダイエットがブームになってから、バナナがスーパーや青果店の店頭から姿を消してしまい、なかなか手に入りにくい状況になりました。

バナナで痩せるという、メディアが広げた情報が世間を賑わせたのです。

皆さんは、「朝にバナナを食べれば良い、昼夜は、好きなモノを食べても良い」

この情報だけを取り入れ、ダイエットができると思い込んではないでしょうか。

はっきり申し上げますと、それだけでは痩せられません。他にも、生活に取り入れないとならない要素は多々ございます。本当の朝バナナダイエットとは何か!?以下でお伝えしていきたいと思います。

■朝バナナダイエットとは

朝バナナダイエットというダイエット方法がありますが、これは朝食のかわりにバナナを食べるというものです。
それに加え、水も十分に摂り、他の時間帯の食事は何を食べてもいいという方法でした。

しかし、実際は、ただ、これだけでやせるという方法ではありません。

■日常と夜の生活

朝バナナダイエットの効果を得るには、以下のことにしなければなりません。

夜遅い時間の食事や間食は避ける。

水分をこまめにとる。

適度な運動をする。

など、基本的なダイエットをしたうえでないと効果はありません。

特に、夜は、20時以降の食事はしてはいけないとされております。就寝4時間前は、食べてはいけないのです。消化を待たなければなりません。

その消化後に、睡眠時間をたっぷり取って痩せやすい身体をつくる。そして、自然と痩せていくダイエット法なのです。

赤ワインに含まれる成分

赤ワインにはポリフェノールを含め、多種の成分が含まれています。

以下のようなものがあります。

① アントシアニン 

 視力回復 / 疲れ目(眼精疲労) / 抗血栓 / 抗酸化作用動脈硬化 / ドライアイ /

② カテキン(タンニンの一種) 

 高脂血症(脂質異常症) / コレステロール抑制 / 花粉症 /

ガン(癌) / 高血圧 / 抗酸化作用 / 殺菌作用 /糖尿病 / 痴呆症 / 歯周病 /



③ タンニン 

 下痢 / 殺菌作用 / 抗酸化作用 / 二日酔い /



④ フラボノイド 

脳卒中 / 動脈硬化 / ストレス / 抗酸化作用 / 高血圧 /血行促進 / 血管強化 / ガン(癌) 

花粉症 



⑤ レスベラトロール(ポリフェノールの一種)

コレステロール抑制 / 糖尿病 / アンチエイジング / 脳卒中 / 動脈硬化 / 心筋梗塞  / 痴呆症 

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

グレープシードオイル

グレープシードオイルはブドウ種子から作ったオイルです。そのため、プロアントシアニジン成分が含まれています。

よってワインに近い効果が得られると注目されています。グレープシードオイルの利点として、

コレステロール0%。ビタミンEが酸化を防ぐため、酸化防止剤などの添加物が含まれていない。

グレープシードオイルのビタミンEは、オリーブ油の約2倍以上。ポリフェノールの含有量は生産国により差があると言われているが、チリ産には多く、オリーブオイルの2倍のポリフェノールがあるとされる。

他の油に比べて焦げにくい 、短時間で熱が通り、油切れも良く、からっと揚がる。

ドレッシング、マリネ、炒め物、ソテー、揚物、焼き物、鉄板焼きなど万能に使える。

以上がございます。 このオイルを、2週間大匙2杯を摂り続けたらシミが減った、研究結果もございます。

テーマ : 健康管理
ジャンル : ヘルス・ダイエット

赤ワインの成分と効果

赤ワインには老化防止(骨や筋肉含む)美肌効果・シミの防止 血液をサラサラにする効果があるとされております。

注目の成分!「プロアントシアジニン

ブドウ種子から抽出されます。ブドウの果皮から抽出されるアントシアニンに比べ、プロアントシアジニンには強い抗酸化作用があり、特に動脈硬化の原因となる血栓の形成を防ぎます。血液がサラサラになり、冷え性や肩凝り、むくみ、肌荒れ、疲労感を解消します。

実際の効果を現している現象として、フランス人の食生活が良く知られております。

動物性脂肪の摂取が多いにも関わらず、動脈硬化性心臓病の死亡率が低い。

それは、フランス人が赤ワインを大量に飲んでいるからではないかという説が、かなり有力視されております。上記の成分が効果を発揮しているのではないかと見解です。

フレンチパラドックスと言われている。


【活性酸素を発生によって起こることの例】

脳卒中、糖尿病、肥満、高脂血症などの生活習慣病を引き起こします。

又、ガン、白内障・肺気腫・喘息・肝硬変・心臓病の原因ともなります。

シミ・シワ・そばかすの肌荒れ・花粉症・アトピー性皮膚炎・肩こり・冷え症等も発生させます。

それを改善してくれるのが、飲み会の席では赤ワインなのです。

ポリフェノールが抗酸化を促してくれます。

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ワインの種別

ワインは主として、ブドウを果実ごとアルコール発酵させたものを言います。赤ワインは、赤ぶどうや黒ブドウを、破砕した後、果皮や種も果汁と一緒に発酵させます。そのため、果皮の色素が赤ワインの色となります。赤ワインの他に白ワイン、ロゼワインがありますが、いずれも製法の違いによるものです。

細かくは、ワインにはもっとたくさんの種類があります。

製造法や原材料によって、大きく以下の4種類に分けられております。

● スティルワイン(非発泡性ワイン)

一般的にワインと言ったらこのワインを指す。赤ワイン、白ワイン、ロゼワインがここに位置し、炭酸ガスを含んでいない。アルコール度数は9度から14度。



● スパークリング・ワイン(発泡性ワイン)

炭酸ガスを中に封じ込めた、泡立つワイン。フランスのシャンパーニュ地方で造られたシャンパンがその代表的なものとして知られている。


● フォーティファイド・ワイン(酒精強化ワイン)

スティルワインの発酵中または発酵終了後に、ブランデーなどの強い酒を加えアルコール度を上げ、コクや保存性を高めたワイン。スペインのシェリー、ポルトガルのポートワインやマデイラが有名。

● フレーヴァード・ワイン(アロマタイズドワイン/香味付けワイン)

スティルワインに薬草や香辛料、果汁、甘味料などを加え、独特な風味をつけたワイン。食前酒や食後酒、カクテルの原料などに用いられる。イタリアのベルモットやスペインのサングリアが代表例。

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

注目情報
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。