スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流行りのヨーグルト! 正確な知識がないと効果なし!?

「明治ヨーグルトR-1」に抑制、感染予防の効果があるとして、テレビ番組などが幾度となく取り上げておりました。同社が製造販売している機能性ヨーグルト「明治ヨーグルトR-1」シリーズは、販売計画を大きく上回る売上があり、スーパーやコンビニから一気に姿を消しました。消費者に寄る買い占めが起きるという社会現象となりました。

また、NHKの特集において、アナウンサーがが「ヨーグルト15 件には便秘や美肌やメタボへの効果があるだけでなく、インフルエンザの予防効果まであるんです」と報道しました。これにおき、一気に話題となり、更にヨーグルトが世間からなくなるという現象もおきました。

 私達は、メディアによって過度な期待を寄せてしまっております。


身体の仕組みの実態

しかし、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が必ずしも腸に届いているとはいえないことを忘れてはなりません。乳酸菌は酸に弱く、例え摂取したとしても、胃酸によりその多くが死滅しています。

乳酸菌の99%は、生きて腸に到達するほとんどいないといわれております。もし、酸に耐え、腸に届いたとしても、溜まることができなければ、便と一緒に出てしまうのです。乳酸菌飲料をとってもほとんどの善玉菌は腸にまで届かずに死滅してしまうのです。

ヨーグルトなどに使われているビフィズス菌は、腸内定住菌ですが、外部から入った菌は、腸まで届きにくく、届いても定着することは出来ません。2~3ヵ月で半分が死滅します。よって毎日、一定量を取る必要があるのです。また、個人によって適する乳酸菌が異なるともいわれております。

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

特に避けたい添加物

特に避けたい添加物と言われているものをご紹介します。

■着色料

•赤色2号•赤色104号•赤色106号

お菓子やジュースなどの嗜好品、漬物などいろんなもの使われています。
発がん性があり、内臓障害を起こすと言われております。また、アレルギー症状を発生させるともいわれております。子供の多動症(行動過多)を招くという指摘もございます。


■発色剤

亜硝酸塩(亜硝酸ナトリウム)色の変化を防ぐもの
加工食品によく使われております。

ハム、ソーセージ、イクラ、タラコを始め、アンズや干しブドウなどのドライフルーツに多く使われております。また、野菜や果物でも、使われている場合がございます。

知らずに食べていると、アレルギー体質を持つ人の中には、重症の気管支ぜんそくを発症に繋がることも。また、血管を拡張したり、血液中のヘモグロビンの鉄を酸化させたり、血液の酸素運搬能力を低下も引き起こすとされております。

■保存料

ソルビン酸やソルビン酸カリウム、安息香酸が代表的で、食品の腐敗の原因となる細菌の増殖を抑える働きをします。ハム・ソーセージ・かまぼこや日持ちをさせたい地方みやげのお饅頭などでよく拝見する保存料です。人体への発ガン性・じんましんを引き起こすとされております。


いかかでしたでしょうか。あなたが、普段何気なく、食べているものには、健康を損なう可能性のある物が含まれております。下痢や腹痛、吐き気を催す可能性がございます。ですが、そればかり意識してしまうと、食べれる物の幅が、かなり狭くなってしまいますよね。

いずれにしても添加物のほとんどは、「摂り続けたり、大量摂取をする」ことが危険。人体の遺伝子レベルに致命的なダメージを与えるということです。市販品や外食ばかりではなく、自分で料理して食べることも取り入れていきましょう。

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

表示されない添加物

表示が免除される添加物もございます。それは、キャリーオーバーによるもの、栄養強化目的のものです。特に加工食品はキャリーオーバーで免除されることがございます。

<キャリーオーバーとは>

 原則として、食品の原材料に使用された添加物についても表示する必要があります。
ただし、食品の原材料の製造又は加工の過程で使用され、その食品の製造過程では使用されないもので、最終食品に効果を発揮することができる量より明らかに少ない場合は、表示が免除されます※。

例)1

保存料の安息香酸を含むしょうゆでせんべいの味付けをした場合、この安息香酸は含有量が少なく、せんべいには効果を持たない。
→キャリーオーバーとなり、表示の必要はありません

また、量り売りのものは表示義務がないから要注意です。
店頭でバラ売りをする食品についても、義務はございません。

ですので、商品の完成状態で、使われた調味料が作られる過程や原材料を良く理解しておくと良いでしょう。

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ファーストフードの裏側 食品添加物編

ファーストフードにも添加物は使用されております。普段全くと言っていいほど、意識しない方がほとんどです。それは、インターネットでHPでも見ない限り、原材料を目にすることがないからです。

ハンバーガーのパンに入っているミンチ肉には、質の悪い老いた牛の肉や病死した牛の肉、さらには豚肉や鶏肉を混ぜていることもある、と言われています。

ハンバーガー店は「ビーフ100%」を謳っていますが、現実はかなりいい加減で、牛肉の使用量や品質レベルは、必ずしも私たち消費者が期待しているほど当てにはならないと考えた方が無難です。

まず、食材を最低一ヶ月は冷凍保存するため、化学変化が起きやすい(つまり腐りやすい)部分は、できるだけ取り去ってしまいます。店のメニューにあるのは、長期の冷凍保存に耐える食材を使ったものばかりということです。

そして、冷凍やフリーズドライされたり、パウダー状にされた食材は、風味を失ってしまいます。そこで風味を新たに付けるために、食品添加物の香料が使用されます。店頭販売なのでどのような食品添加物が使用されているのか、残念ながら表示の義務はありません。

推測ですが、色々な種類の食品添加物が使用されていることでしょう。

食品添加物には無害なものがあるとはいえ、
その点も気になるところです。

また、余談ではありますが、実はその取り去られた部分にこそ、ビタミンやミネラルが、含まれているため、残りの栄養分は脂肪やタンパク質、炭水化物だけになってしまいます。

したがって、ファーストフードを常食していると、ビタミンやミネラルの栄養素が不足し、様々な病気を引き起こす恐れがあります。

自らの身体で試験したアメリカの某映画監督は、

初期は1日1kgずつ太り、3日後には胃の調子が悪くなりました。

また、勃起不全、中毒症状から始まって高脂血症、高血糖、高血圧、脂肪肝、高尿酸

など医師も信じられないと驚く勢いで次々と生活習慣病を患い、3週間後には死ぬからやめろと警告されても続けました。

それでも、1ヶ月続けると、

・体調だけでなく、精神的にも不安定に。
・最終日、疲労感があり、気分はさえず、情緒不安定に。なってしまいました。

ファーストフードは高脂肪、高タンパク質で栄養のバランスを欠いた食品であり、添加物の害も含まれていると指摘される所以です。

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コンビニの添加物

最近、コンビニおにぎりに“保存料・合成着色料は使用しておりません。”という表示を
よく目にします。ここに、からくりがございます。皆さんが勘違いしてしまう点です。

コンビニで日々置いてある、おにぎりの添加物の例です。

調味料(アミノ酸等)からすべて食品添加物です。

・ 調味料・・・・・・・昆布 鰹節 しいたけ等のうまみを化学合成したもの。自然の
(アミノ酸等) ものではありません。
・pH調整剤・・・・何種類かの物質をまとめた総称で酸とアルカリの調整。 微生
物の繁殖を抑える。
・ グリシン・・・・・・日持ち向上。酸味や塩味を和らげる。
・ トレハロース・・・ツナとマヨネーズを合わせて粘りを出すために使用。
・ カラメル色素・・茶色い色をつけるのに使用。(飯、海苔、具材のどれに使われているかは不明。

原材料名をよく見ますと、分かることです。

以前は、保存料としてソルビン酸を使用することが多かったのですが、食品添加物に対す
る関心が高まり、保存料が敬遠されるようになりました。

その結果、“日持ち向上剤”とよばれるものが登場してきました。その代表格がグリシンです。また、pH調整剤を加えることによっても日持ちをのばすことができます。

実はこれが保存料という名称を使わないで日持ちをよくする“からくり”です。
この保存料と言うものは、人体への発ガン性やじんましんを起こす可能性がございます。

また、調味料(アミノ酸等)はグルタミン酸ソーダのことで、とり過ぎると中華料理症候群となったりします。カラメル色素は、マウスの染色体異常試験で、若干の遺伝毒性が見られています。

そして全体を通していえるのは、すべてにおいて、添加物のキャリーオーバーと呼ばれ
る『表示されない添加物』があることも理解しながら表示をよく見ていただきたいと思い
ます。(以下で説明)「作るのが面倒だから」と言って、コンビニでおにぎりを買ってきたら、もうそれだけで10種類近くの食品添加物を摂取してしまいます。

コンビニ愛好家の方は、気をつけましょう。

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

注目情報
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。