スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼酎の種類

次に焼酎の種類についてお話していきます。

焼酎には主に次のような種類があります。

焼酎甲類

一般に、糖蜜等を原料として連続蒸留器で作られた、高純度エチルアルコールに加水したものです。

日本の税法上はアルコール度数36%未満。基本的にはアルコールの風味のみで味覚の個性は薄いのが特徴です。甲類はホワイトリカーと呼ばれる殆ど無味無臭の(宝焼酎「純」や「大五郎」等)焼酎のことです。原料は廃糖蜜や麦などで連続式蒸留器で蒸留されます。

没個性を特徴としている為チューハイなどカクテルベースに向いています。


焼酎乙類

米、麦などを原料とし、単式蒸留器で蒸留して作る焼酎で、日本在来の伝統的な酒類です。

日本の税法上は、アルコール度数45%以下。原料の風味を強く残し、個性が強いのが特徴です。

乙類は原料に芋・麦・米・穀類等を使用し、単式蒸留器で蒸留します。その為 色々個性的な香り、風味などが楽しめます。この乙類焼酎を「本格焼酎」と呼びます。熟成させる事によりさらに美味しくなります。

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

焼酎の上手な飲み方

飲んでも太らない焼酎の飲み方としては、次のような方法がオススメです。

① 緑茶割り

タンニンやカテキンといった緑茶の成分が、健康効果を増進してくれます。抹茶・緑茶には中性脂肪を蓄積するのを防ぎ、代謝を促す効果があると言われております。

②お湯割りで梅干しを入れる

風味が増し、味の満足度がアップします。また、梅干しのクエン酸が代謝を促してくれる要素も含んでおります。味も身体も満足する変わったの味方です。

【居酒屋では】

水割りか湯割りで!

高アルコールを薄めて、すっきり軽やかになるうえに、お手軽です。なんといっても、水で量が増えるので、ビールと同じ量を飲んでも健康的な効果が得られます。

かつお湯割りは、身体を温めてくれて、冷えの原因となるアルコールの要素も防いでくれます。


飲み過ぎには注意!

本格焼酎の場合は、アルコールも高く飲み過ぎれば、当然カロリーも摂取することになります。

また、アルコール濃度が高いお酒は慣れない人は急性アルコール中毒になる可能性もあります。健康的なお酒であるかといって、くれぐれもお酒の飲み過ぎには注意しましょう。

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

お酒を飲んでも太らない方法 焼酎編

焼酎はカロリーが高いから太る!と思われている方もいらっしゃいますが、実は違うのです。

お酒で太るのはカロリーではなく、糖質です。炭水化物が原因と言われています。糖質があるものと、糖質ゼロのお酒がございます。

<糖質があるお酒>

多い順(100mlあたりの糖質量):梅酒(20.7g)、紹興酒(5.1g)、日本酒(4.5g)、ロゼ(4.0g)、発泡酒(3.6g)、ビール(3.1g)、白(2.0g)、赤(1.5g)、ラム(0.3g)、ジン(0.1g)

糖質ゼロ:焼酎、ウヰスキー、ブランデー、ウオッカ

『五訂増補 日本食品標準成分表』によりますと、焼酎甲類は炭水化物は0gなのです。

よってアルコールのカロリーだけとなります。アルコールはお酒には付き物ですので、避けることはできません。アルコールだけの焼酎は他のお酒と比べると、実は、カロリーが低いのです。

現在確認されている本格焼酎の薬事効果には以下のようなものがあります。

•善玉コレステロールを増やす作用

•血栓を溶かす作用

•ストレスを軽減させる作用

•痴呆の予防

•免疫機能

•肌荒れや消毒薬代わりの殺菌作用

関節痛を抑える作用


特に、乙類焼酎は、心筋梗塞・脳梗塞・虚血性心疾患(血が固まる病気)を防ぐ効果があると言われております。血柱溶解能力があることがわかりました。

赤ワイン(ポリフェノール)にも同様の効果が有ると言われていますが、赤ワインは血柱を作りにくくするもので、
連続式蒸留焼酎は出来た血柱を溶かす効果があります。

一般的に適量とされているのは、純アルコールに換算して一日に、30ml~60ml程度と言われています。

焼酎に換算すると1~2合くらいまでを目安にほどほどに飲み、飲酒の弊害を避け、良い効能だけを得られるようにしましょう。

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

飲み会でのグレープフルーツの摂り方

グレープフルーツサワーが体に良いのは分かった。

じゃあ、どのタイミングで飲んでいけばいいのか?それをお伝えします。

・居酒屋や外食で

1杯目は付き合いで、ビールになってしまうことも多いと思います。

ですが、そのままビールを飲み続けるのではなく、2杯目からは生絞りグレープフルーツサワーに変えるようにすると良いでしょう。

ビールでなくてもいい!という方は初めからグレープフルーツサワーにするといいと思います。

そうすれば、グレープフルーツの効果が期待され、脂肪の分解や代謝機能を高めることができるでしょう。


・バーベキューや宅飲みで

会の準備をする際、グレープフルーツを買っておきましょう。
カットしておき、始まる時に食べれるように用意しておきます。

そして、アルコールを摂取する前や乾杯前に、食べておきましょう。
できたら丸々1個、難しければ半分つまんでおきましょう。

そうすれば、外食するときよりも、高い効果が得られます。
果実を直接食べるほうが、栄養素も豊富に取れることが理由です。、


お酒の席ではグレープフルーツを摂る!
述べてきました効果により、飲み会が多くても、太ってしまったり、むくみ体の調子が悪くなることを防ぐことに繋がるのではないでしょうか。

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

お酒を飲んでも太らないコツはグレープフルーツサワー

今回は、飲む時に選ぶお酒について。

これを、飲むようにすれば、健康的!というお酒です。

それは、グレープフルーツサワーです。
できるのであるならば、生絞りグレープフルーツサワーが良いです。

■ グレープフルーツサワーが健康にいい理由

お酒の席で、グレープフルーツが健康に良い理由。

それは、食欲抑制、脂肪分解促進作用、高脂血症防止の効果があると言われているからです。

また、塩分過多によるむくみにも良いとも言われております。

飲み会の際、ついつい食べ過ぎてしまったり、高カロリーの物や油っこいものを食べてしまいますよね。

それを防ぎかつ、油による脂肪摂取の代謝を促してくれるのです。

細かく申しますと、その成分は4つ。

ナリンギン
リモネン
ヌーカトン
カリウム

です。


これら成分の効果をご紹介いたします。

まず、「ナリギリン」

ナリギリンは、グレープフルーツには苦味成分であり、これが食欲を抑えて、食べ過ぎを防ぎます。
ポリフェノールの一種で脂肪の分解を促進する作用があり、高脂血症にも効果があるといわれています。
少量の食事でも満腹感が得られる効果がございます。



次に、「リモネン、ヌーカトン」
この2つは、香り成分であり、交感神経の活動を促進することで脳を刺激し、身体の代謝機能を高めるという働きがあります。
つまり、脂肪燃焼スイッチがONの状態に保たれることで、体重の減少を促進する効果が期待できるのです。


最後に、利尿作用のある「カリウム」
これによって、水分の代謝向上による脂肪燃焼効果があるほか、体内の余計な水分を排出することで、むくみや下半身肥満の解消にもつながります。
日本人が摂りすぎな塩分の排泄を促します。

よって、これら成分は飲み会によって摂取しまいがちな、脂肪、油、塩分を排出してくれるのです。

お酒の席に持ってこいのグレープフルーツです。

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

注目情報
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。