スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

効果的に夜トマトダイエットをするには?

前頭で述べました、夜トマトダイエットの効果を得るには、どのようにしたら良いのでしょう。期待されすぎているトマト効果。その真実についてご紹介したいと思います。

夜トマトダイエットは、トマトに含まれる「リコピン」がポイント。成果を確実に出すためには、1日に最低15mgのリコピンを摂取する必要があります。
そのおおよその目安は以下です。

•生のトマト…2個(大サイズ)、またはミニトマト17個
•ホールトマト…約1缶
•トマトジュース…350mlの缶×2~3本

トマトジュースは200ml飲むと1.2gの塩分を摂取することになります。

毎食トマトジュースを飲むようにするのであれば、塩分摂取量に注意しなければなりません。1日6~8g以下の塩分摂取量が適正値と考えられるので、それ以下になるようにしなければ摂取過多となります。

・効果が出るのに摂取が必要な期間。

継続期間は短くて3ヶ月、理想は6ヶ月です。身体の細胞の入れ替わりは約60日、その働きが定着、効果が期待は約3ヶ月と言われているからです。また、肌などの組織が生まれ変わるサイクルは約6ヶ月と言われているためです。1、2日で効果が出るものではございません。

いかがでしたでしょうか。
これらを知りますと、かなり困難なことが分かります。私個人の意見ではありますが、食の楽しみが薄れてしまうのではないでしょうか。毎日、夜にトマトを大サイズ2個食べたら、お腹も満たされて他の物が食べられなくなる方もいらっしゃると思います。そうなれば、結果的に栄養不足によって痩せていくだけです。


6、参考 トマトダイエットを実践されたい方へ

・効率的なとり方

生のトマトを利用する場合はできるだけ赤いものを選びましょう。ピンク系のトマトの3倍もリコピンが含まれているそうです。

リコピンをはじめとするトマトの栄養成分は、トマトが完熟したときに最も多くなります。 生で食べるときはなるべく完熟したものがよいです。

また、調理法として加熱すると、リコピンの性質がアップします。

炒め物や煮トマト、パスタのソースなどで摂取するとよいでしょう。

油との相性もいいので、オリーブオイルやお肉と一緒に食べると効率的に摂取できます。

テーマ : ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

注目情報
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。