スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

夜トマトダイエット

夜トマトダイエットが空前のブームになりました。

それは、夕食にトマトを食べるだけで、肌のシワやたるみ、中性脂肪を燃焼させてくれるというものでした。

確かに、トマトには、リコピンという赤い色素成分に糖尿病の大腸がん防止の効果、美白効果もあると言われております。その事実と夜に取ることで効果が増大するとしたのが、夜トマトダイエットなのです。

その理由として、リコピンは摂取してから、6~8時間後に細胞内に行き届きます。そして、就寝中に脂肪細胞の燃焼を促し、翌朝までには肌成分に浸透していくのです。

人の体の仕組みには、就寝すると身体を回復させるために行う代謝作用があります。かつ夜は、紫外線に当たらず、肌がダメージを受けにくいことと相乗させたのが、「夜トマト効果」なのです。

ですが、あなたは実際とのくらいの量を取り、どのくらいの期間食べつつければ、効果が得られるかご存知でしょうか。トマトの成分と健康効果とともに、以下で述べていきたいと思います。

4、トマトの効果

・主な栄養成分
トマトの可食部100gあたり「五訂 日本食品標準成分表」の基づく

カロリー 19kcal   (M1個165g 31kcal)
食物繊維 1.0mg
カリウム 210mg
βカロテン(ビタミンA) 540μg
ビタミンC 15mg
ビタミンB6 0.08mg
リコピン7mg

トマトには、ペクチンと呼ばれる、食物繊維 塩分の代謝に関わるカリウム、そして近年注目されているβカロテン(ビタミンA)が多く含まれております。

・トマトの健康効果
トマトは、「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるほど健康によい野菜です。

トマトの赤い色はリコピンという色素によるもので、赤色の濃いトマトほどリコピンが多く含まれている。 リコピンには強力な抗酸化作用があり、老化を防ぐ作用や、肌や皮膚を若々しく保つ美容作用、がん予防に効果があるなど多くの働きが近年注目を集めている。

リコピンの坑酸化作用は、緑黄色野菜で有名な「β-カロテン」の2倍以上、ビタミンEの100倍以上にもなることが分かっています。

また、トマトには、風邪の予防に効果的に働くビタミンC、脂肪の代謝を円滑にするビタミンB6、血液中の塩分を排出し高血圧予防に効果的なカリウムなどの栄養素が豊富に含まれております。

さらに、水溶性食物繊維のペクチンが含まれ、便秘を改善するほか、老廃物や有害物質を排出する働きを促進し、生活習慣病(成人病)の予防に効果的です。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

注目情報
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。