スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

ワインの種別

ワインは主として、ブドウを果実ごとアルコール発酵させたものを言います。赤ワインは、赤ぶどうや黒ブドウを、破砕した後、果皮や種も果汁と一緒に発酵させます。そのため、果皮の色素が赤ワインの色となります。赤ワインの他に白ワイン、ロゼワインがありますが、いずれも製法の違いによるものです。

細かくは、ワインにはもっとたくさんの種類があります。

製造法や原材料によって、大きく以下の4種類に分けられております。

● スティルワイン(非発泡性ワイン)

一般的にワインと言ったらこのワインを指す。赤ワイン、白ワイン、ロゼワインがここに位置し、炭酸ガスを含んでいない。アルコール度数は9度から14度。



● スパークリング・ワイン(発泡性ワイン)

炭酸ガスを中に封じ込めた、泡立つワイン。フランスのシャンパーニュ地方で造られたシャンパンがその代表的なものとして知られている。


● フォーティファイド・ワイン(酒精強化ワイン)

スティルワインの発酵中または発酵終了後に、ブランデーなどの強い酒を加えアルコール度を上げ、コクや保存性を高めたワイン。スペインのシェリー、ポルトガルのポートワインやマデイラが有名。

● フレーヴァード・ワイン(アロマタイズドワイン/香味付けワイン)

スティルワインに薬草や香辛料、果汁、甘味料などを加え、独特な風味をつけたワイン。食前酒や食後酒、カクテルの原料などに用いられる。イタリアのベルモットやスペインのサングリアが代表例。

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

注目情報
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。