スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

ヨーグルトに期待できる健康効果

ヨーグルトは、腸を綺麗にする、善玉菌を増やことによって身体に起こる効果が期待されます。

・免疫力アップ
免疫力は70%が腸内環境によって決まると言われております。よって、ヨーグルトを摂ることにより善玉菌(以下で説明)が腸に行き、免疫力を高めてくれるのです。

・便秘・下痢予防
善玉菌により、腸の通りが良好になり、廃棄物の排出えお促してくれます。

・美容効果 
腸の作用が弱まると、排出物が身体からスムーズに流れなくなり、肌にも充満し始めます。よって、しわやたるみの原因となります。よって、ヨーグルトを摂ると、善玉菌がその作用を防ぎ、美容にも効果を現してくれます。


・アレルギー・アトピーの抑制☆大腸がんの予防
・コレステロール値の抑制

明らかになっている研究結果

・メタボに効果ありの「ガゼリ菌SP株」―埼玉県川越市の食品メーカーで肥満者87人に毎日200グラムずつのヨーグルトを3か月食べてもらったところ、最も効果があった人で内臓脂肪が42%減少し、平均でも4・6%減少した。

・便秘/美肌―に「LB81乳酸菌」―ある食品メーカーと東京女子医大の研究調査では、4週間この菌を食べたら、56人の女性の慢性的便秘や乾燥肌が改善された。

・花粉症予防は「BB536」―東北大学と食品メーカーが花粉症の人44人に13週間ビフィズス菌入りのヨーグルト15 件を食べてもらったら、アレルギーを引き起こす好酸球の発生が抑えられたという。


人の腸内の菌について

・善玉菌:ビフィズス菌、乳酸菌など
人の身体に有益な働きをする菌。乳糖やオリゴ糖を餌にして増え、善玉菌が優勢になると免疫力が高まる。

・悪玉菌:大腸菌、フラジリス菌など
人の身体に有害な物質を作る菌。ストレスや食生活の乱れによって増え、悪玉菌が優位になると免疫力がダウン。便秘や下痢も起こしやすくなる。

・日和見菌:強い方につく性質があり、腸内環境が崩れると悪玉菌を手助けする
一方、ヨーグルトの乳酸菌などを摂取して腸内で善玉菌が増えると日和見菌も善玉菌へ味方する

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

注目情報
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。