スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

特に避けたい添加物

特に避けたい添加物と言われているものをご紹介します。

■着色料

•赤色2号•赤色104号•赤色106号

お菓子やジュースなどの嗜好品、漬物などいろんなもの使われています。
発がん性があり、内臓障害を起こすと言われております。また、アレルギー症状を発生させるともいわれております。子供の多動症(行動過多)を招くという指摘もございます。


■発色剤

亜硝酸塩(亜硝酸ナトリウム)色の変化を防ぐもの
加工食品によく使われております。

ハム、ソーセージ、イクラ、タラコを始め、アンズや干しブドウなどのドライフルーツに多く使われております。また、野菜や果物でも、使われている場合がございます。

知らずに食べていると、アレルギー体質を持つ人の中には、重症の気管支ぜんそくを発症に繋がることも。また、血管を拡張したり、血液中のヘモグロビンの鉄を酸化させたり、血液の酸素運搬能力を低下も引き起こすとされております。

■保存料

ソルビン酸やソルビン酸カリウム、安息香酸が代表的で、食品の腐敗の原因となる細菌の増殖を抑える働きをします。ハム・ソーセージ・かまぼこや日持ちをさせたい地方みやげのお饅頭などでよく拝見する保存料です。人体への発ガン性・じんましんを引き起こすとされております。


いかかでしたでしょうか。あなたが、普段何気なく、食べているものには、健康を損なう可能性のある物が含まれております。下痢や腹痛、吐き気を催す可能性がございます。ですが、そればかり意識してしまうと、食べれる物の幅が、かなり狭くなってしまいますよね。

いずれにしても添加物のほとんどは、「摂り続けたり、大量摂取をする」ことが危険。人体の遺伝子レベルに致命的なダメージを与えるということです。市販品や外食ばかりではなく、自分で料理して食べることも取り入れていきましょう。

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

注目情報
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。