スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

ファーストフードの裏側 食品添加物編

ファーストフードにも添加物は使用されております。普段全くと言っていいほど、意識しない方がほとんどです。それは、インターネットでHPでも見ない限り、原材料を目にすることがないからです。

ハンバーガーのパンに入っているミンチ肉には、質の悪い老いた牛の肉や病死した牛の肉、さらには豚肉や鶏肉を混ぜていることもある、と言われています。

ハンバーガー店は「ビーフ100%」を謳っていますが、現実はかなりいい加減で、牛肉の使用量や品質レベルは、必ずしも私たち消費者が期待しているほど当てにはならないと考えた方が無難です。

まず、食材を最低一ヶ月は冷凍保存するため、化学変化が起きやすい(つまり腐りやすい)部分は、できるだけ取り去ってしまいます。店のメニューにあるのは、長期の冷凍保存に耐える食材を使ったものばかりということです。

そして、冷凍やフリーズドライされたり、パウダー状にされた食材は、風味を失ってしまいます。そこで風味を新たに付けるために、食品添加物の香料が使用されます。店頭販売なのでどのような食品添加物が使用されているのか、残念ながら表示の義務はありません。

推測ですが、色々な種類の食品添加物が使用されていることでしょう。

食品添加物には無害なものがあるとはいえ、
その点も気になるところです。

また、余談ではありますが、実はその取り去られた部分にこそ、ビタミンやミネラルが、含まれているため、残りの栄養分は脂肪やタンパク質、炭水化物だけになってしまいます。

したがって、ファーストフードを常食していると、ビタミンやミネラルの栄養素が不足し、様々な病気を引き起こす恐れがあります。

自らの身体で試験したアメリカの某映画監督は、

初期は1日1kgずつ太り、3日後には胃の調子が悪くなりました。

また、勃起不全、中毒症状から始まって高脂血症、高血糖、高血圧、脂肪肝、高尿酸

など医師も信じられないと驚く勢いで次々と生活習慣病を患い、3週間後には死ぬからやめろと警告されても続けました。

それでも、1ヶ月続けると、

・体調だけでなく、精神的にも不安定に。
・最終日、疲労感があり、気分はさえず、情緒不安定に。なってしまいました。

ファーストフードは高脂肪、高タンパク質で栄養のバランスを欠いた食品であり、添加物の害も含まれていると指摘される所以です。

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

注目情報
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。