スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

コンビニの添加物

最近、コンビニおにぎりに“保存料・合成着色料は使用しておりません。”という表示を
よく目にします。ここに、からくりがございます。皆さんが勘違いしてしまう点です。

コンビニで日々置いてある、おにぎりの添加物の例です。

調味料(アミノ酸等)からすべて食品添加物です。

・ 調味料・・・・・・・昆布 鰹節 しいたけ等のうまみを化学合成したもの。自然の
(アミノ酸等) ものではありません。
・pH調整剤・・・・何種類かの物質をまとめた総称で酸とアルカリの調整。 微生
物の繁殖を抑える。
・ グリシン・・・・・・日持ち向上。酸味や塩味を和らげる。
・ トレハロース・・・ツナとマヨネーズを合わせて粘りを出すために使用。
・ カラメル色素・・茶色い色をつけるのに使用。(飯、海苔、具材のどれに使われているかは不明。

原材料名をよく見ますと、分かることです。

以前は、保存料としてソルビン酸を使用することが多かったのですが、食品添加物に対す
る関心が高まり、保存料が敬遠されるようになりました。

その結果、“日持ち向上剤”とよばれるものが登場してきました。その代表格がグリシンです。また、pH調整剤を加えることによっても日持ちをのばすことができます。

実はこれが保存料という名称を使わないで日持ちをよくする“からくり”です。
この保存料と言うものは、人体への発ガン性やじんましんを起こす可能性がございます。

また、調味料(アミノ酸等)はグルタミン酸ソーダのことで、とり過ぎると中華料理症候群となったりします。カラメル色素は、マウスの染色体異常試験で、若干の遺伝毒性が見られています。

そして全体を通していえるのは、すべてにおいて、添加物のキャリーオーバーと呼ばれ
る『表示されない添加物』があることも理解しながら表示をよく見ていただきたいと思い
ます。(以下で説明)「作るのが面倒だから」と言って、コンビニでおにぎりを買ってきたら、もうそれだけで10種類近くの食品添加物を摂取してしまいます。

コンビニ愛好家の方は、気をつけましょう。

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

注目情報
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。