スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝バナナダイエットが不向きと言われている人の例

マスコミでデメリットがないダイエット方法のようにまつり上げられていた朝バナナダイエットですが、合う・合わないを抜きにしても不向きといわれているタイプの人がいます。

それは、
1、これまで朝食を抜いてきた人
2、朝のバナナ以外はガッツリ食べる人
3、朝バナナダイエットだけでやせようとする人
4、就寝前4時間以内に食事をする習慣がある人
です。

まず、

1。朝バナナダイエットは朝食をバナナと水にすることで食事の量を減らしてやせるという“置き換えタイプ”のダイエット方法であるため、元々朝食を食べていなかったひとには効果がありません。

2、また、朝バナナダイエットは朝食以外の食事は普段どおり食べていいとされています。
とはいえ、朝食の量を減らすダイエット方法であるが故に、昼食・夕食を多く食べるというのはせっかくの減量効果を打ち消してしまいます。

ご自身の消費カロリーと摂取カロリーのバランスを考えてやらないと結局は、一日の必要摂取カロリーを超えてしまい、太ってしまいます。


3、朝バナナダイエットだけでやせようとしても、朝バナナダイエットはそもそも食事制限系ダイエットであるため、実はその効果は限られますし、逆にリバウンド体質になりやすくなります。

ですから、実際は朝バナナダイエットと並行して軽い運動等をあわせて取り入れるべきだと言われています。

4、そして、もはやダイエットの常識ではありますが、寝る前4時間以内にものを食べると、朝バナナダイエットにかぎらずどんなダイエットをしていようともダイエット効果は見込めません。

要するに、朝バナナダイエットは朝食の量を減らすだけの食事制限系ダイエットであります。なので、食事やカロリーの量にはつねに気を配る必要があり、なおかつ体を動かすことで効果を発揮できるダイエット方法だということです。

「朝にバナナを食べれば良い、昼夜は、好きなモノを食べても良い」というわけでは、ございません。

手軽なダイエット方法として人気の朝バナナダイエットであっても「好きなものを好きなだけ食べて、ラクしてやせたい」という考えは好ましくないと考えられます。

もちろん朝食にバナナを食べるのはいいです。特に時間がない時などは、手軽に済ませられるし、バナナパワーで午前中を元気に過ごすことができるでしょう。気になるバナナのブドウ糖も、日中の活動でばっちり消費できます。
朝食を抜くダイエットよりは、健康的で痩せやすい体を作るという点では、良いダイエット法だと考えられます。
だからといって、それだけ食べれば良いというわけではないので、気をつけましょう。
スポンサーサイト

テーマ : ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

黒酢ダイエットを効果的に行うには?

お酢の健康効果について議論を進めてきましたが、健康効果を得るためには、お酢を摂る期間を量も気にしなければなりません。

例えば、「黒酢ダイエット」は効果実感までは2・3ヶ月継続して取り続けることが目安とうわれております。

まず、人の身体に組みに、クエン酸サイクルという言葉があります。人間の細胞が入れ替わるには2~3ヶ月かかるといわれています。

黒酢を飲み始めて2,3ヶ月後ころに体重が自然に減っていた、黒酢ダイエットは効果があったのだという実感を得られる報告が多いそうです。

また、実際に効果を実証するために行われた実験がございます。

ミツカンなどお酢メーカーは、お酢の健康効果を科学的に証明しようと大学などと共同で各種の臨床試験を行っています。

ミツカンは、お酢を毎日15ml(大さじ1杯)~30ml(大さじ2杯)程度摂取するだけで、内臓脂肪が減少したり、体重が減る効果を実証したと学会発表しました。
(参照:メタボリックシンドロームの予防に期待 - ミツカン)

ミツカンは、チョット太り気味の被験者175名を使い、12週間のお酢摂取で内臓脂肪が平均して約6.72cm減ったことを実証しました。

このように、ミツカンにおいても、毎日15mlを3ヶ月間とらせるようにして、実験を行なっているのです。
よって、効果を得るためには、ご自身で一定量を毎日、3ヶ月間、取り続けなければ、なりません。

この、習慣をつけることができる!と自信がある方は、試しても良いと思います。


良く主婦の方やご年配の方が勘違いしやすいのは、酢だけに頼るだけでは直接病気に役立つわけではないということであります。

酢の成分である酸類は、不足しがちな栄養素を摂取しやすくして、代謝に関与して体の働きをよくし、生活習慣病の予防に役立つということです。
決して、直接病気に役立つわけではありません。

あなたが、メディアによって過度な効果を期待してしまい、酢を使ってあるものに、飛びついてしまう。そうならないように気をつけましょう。

酢を選ぶときには、原材料を必ず見ることが大事です。

真の健康状態を得るのは、旬の食材でバランスのとれた食生活が大切であることを認識すべきです。その食生活があってはじめて酢の効果が最大限に発揮されるのです。

醸造酢の基準

体に良いお酢を摂取しようと思ったら、良質の純天然醸造酢ではないと意味がないことが、前回までの記事でお分かりいただけたのではないかと思います。

また、醸造酢を選ぶときにも、気をつけなければ、ならないことがございます。それは、「醸造酢の基準」です。

ご説明いたしますと、醸造酢に当たる「米酢」。

日本は、日本農林規格(JAS)において、1Lに対し、40gの米を使っていれば、「米酢」と表示することができます。ですが、実は、一般の店頭に並ぶ「米酢」はそのほとんどが、米から作った酒を減らし、工業用アルコールを代用して作った「合成酢」。

安価に大量生産するために、薄めて作られているのです。

他の醸造酢で健康によいと良く耳にする、「りんご酢。」

「果実酢のうち、りんごの搾汁の使用量が果実酢1Lにつき300g以上のものをいう。」
と農林水産省は記載しております。

その基準に達してから、「果糖ぶどう糖液糖」を加えても良いわけです。

前述した通り、米だけを原料として作られる酢が「純米酢」であり、天然の「醸造酢」です。しかし、JASの規格に満たしていれば、表示に「醸造酢」と記載することができる。

これは、知らない方も多い、食品業界のからくりでもあります。

市販のお酢の真実

前回、「お酢はダイエットに効果的か?」というテーマでお話しました。

前回の記事から、分かること。

そうです。良質の純天然醸造酢でなければダメなのです。合成酢では効果がなく、害があることがわかっています。醸造用アルコールを混入したものでは有益とはいえません。

そう、合成甘味料や、ぶどう糖果糖液などが入ってるものは、効果が期待できないのです。

例えば、スーパー等で売られている飲みやすくなっている、ペットボトル入りの商品やパックの商品。

原材料名に「果糖ぶどう糖液糖」「ぶどう糖果糖液糖」「ぶどう糖」他などと書かれています。これは、酢を他の水で薄め、甘くしている証拠。まさに「清涼飲料水」です。

酢の効果とは逆に、太りやすい体を作ってしまいます。

「りんご酢バーモントドリンク」も、上記の糖分が、たくさん出回っております。

「りんご酢」と間違がえてはなりません。

また、商品によっては、「もろみ酢」も醸造酢ではなくて「清涼飲料水」。

「バナナ酢」もこれに当たります。

判断基準は、ラベルの表示を確認。これをしなければ、あなたは、酢を飲んでいるつもりでも「ジュース」を飲んでいます。

お酢はダイエットに効果的か?

近日、お酢にダイエット効果があるとかメタボ対策に有効だと、雑誌やTV番組で報道されることがありました。

それに伴い、世の中の人々は、その情報にくいつき、酢を使った飲み物を大量に購入し始めました。

そう・・・・酢の効果を得るための真実を知らずに・・・・

ご存知でしたでしょうか?

皆さんが、過度に酢に飛びつき買っていたほとんどのものは、「清涼飲料水」なのです。

簡単に言いますと「ジュース」です。

スーパー等で市販されている100円~200円のもの大半が、それに当たります。

「身体にいいお酢の飲料」と思い飲んでいたものは、効果がほぼない飲み物でございます。

今回から何度かにわたって、酢についてのお話をしていきます。

1、酢の種類

お酢は三種あり、「醸造酢」「合成酢」「加工酢」があります。
この中で健康食品として最も良いのは、天然原材料だけを用いた「醸造酢」であります。

醸造酢は、原料の果物等に含まれる糖質酵母など微生物の働きで酢酸発酵させる為、それぞれ原料の含有成分が異なり、独特のコクと効果を発揮します。

酢の主成分は酢酸で、そのほかに有機酸やアミノ酸が含まれています。

有機酸やアミノ酸は、醸造酢がもっとも多く、反対にアルコール酢や合成酢では少なくなっています。

中間に位置する酒粕酢では、米酢の1/4~1/5しか含まれていません。

 醸造酢のほうが酢の浸透力を高め殺菌効果を強力にし、殺菌効果があり、疲労回復も有機酸やアミノ酸の含有量が多い酢ほど効果的なのです。
注目情報
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。